2010年08月08日

真夏の山陰

7月下旬、小説の舞台を訪ねた山陰の取材。

その時のRAWデータの現像が、やっと半分終わりました。


 日中の猛暑の中、浦富や日御碕の照り返しの強い磯を

歩き回るのは大変だった。熱中症寸前状態。


 鳥取県岩美町の浦富海岸は典型的なリアス式海岸。

海草が生い茂る豊かな磯は魚介類が豊富です。

海水浴客がシュノーケリングでサザエやウニをたくさん獲っていました。


   _O7X0220.jpg
                                浦富海岸鴨ヶ磯



 島根県出雲市の日御碕灯台は43.65mで日本一の高さを誇ります。
 
海岸は柱状節理の断崖で、すぐ沖にはウミネコ生息地の経島があります。

今の時期は北へ移動していませんが・・・。

   _O7X1051.jpg
                              石積みの日御碕灯台



 暑さを逃れて一時大山へ避難。

南麓に位置する鍵掛峠の展望所からは

大山の荒々しい南壁の山容が一望できます。

晩秋、ここから眺める麓の紅葉と新雪を頂いた大山は絶景です。
 
   _O7X0506.jpg
                      大山一の展望所・鍵掛峠より大山

静かで綺麗なトイレ付きの鍵掛峠駐車場では

久しぶりにぐっすり眠ることが出来ました。

                                  山梨勝弘 記    


 
  


posted by yフォト at 10:54| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。