2010年10月06日

第5話 ヨーロッパアルプスの麓へ ドロミテ渓谷

8月28日。

今日はオーストリアで一番美しい村といわれている
アルプバッハへ向かいます。

どの家のベランダや窓辺に花々が飾られている
チロル地方独特の木造家屋が点在する可愛らしい村です。


  _MG_4980.JPG
                                        アルプバッハの村


  _MG_4996.JPG
                                    花で飾られたベランダ

あいにくの雨模様でしたが
かえってしっとりとした風情があってよかったです。


アルフバッハの帰りにコインの造幣局があった
ハル・イン・チロルの町に立ち寄りました。

 
  _MG_5017.JPG
                  市場が立つ町の広場



829日。朝、街に出てみました。

インスブルックの名の由来になったイン河の辺に立ち並ぶ
絵本のような住宅が陽光をいっぱい浴びていました。


  _MG_5208.JPG
                    イン河と街並み


この後、憧れのドロミテへ。

ドロミテはイタリア北部の山岳地帯に位置し
2009年に世界自然遺産に登録されました。


まずは、インスブルックから約
108キロ離れた
サンタ・マッダレーナ村へ。
この村はドロミテ渓谷の中でも代表格で
ポスターや絵葉書にもよく登場しています。


  _MG_5254.JPG
                サンタ・マッダレーナ村


  _MG_5265.JPG
                       村の道標


  _MG_5288.JPG
                     橋の袂の花壇


    _MG_5301.JPG

                                        道路わきの水飲み場


    _MG_5323_1.JPG
                                        教会とドロミテの山

牧草地の中に立つ教会と鋸の様な岩山が連なる
ドロミテ山塊の山容が何とも云えぬバランスで
「まるで絵のよう」とはこのことです。

ここで昼食を済ませて約110キロ離れた
コルティナ・ダンペッツォへ移動。


  

ホテルにチェックインして直ぐにロケハンを兼ねて周辺を散策。
家々の庭の手入れが良く,緑がとても綺麗でした。


    _MG_5393.JPG
        西日を浴びる山Pomagagnon


    _MG_5594.JPG

         西日を浴びる山(Pomagagnon



830日。朝、部屋のベランダに出ると、
昨日撮影した山がうっすらと新雪を
頂いていました。


  _MG_5425.JPG
               ベランダの花と朝の山並み
  

今日は、トレ・チーメへの往復約2時間30分のハイキングをする予定です。
しかし、バスでミズリーナ湖まで来たところ、山は荒れ模様。

登山家ガイドの判断で予定を変更して(天気待ちを兼ね)
ミズリーナ湖を先に散策。



    _MG_5433.JPG
                                  雲行き怪しいミズリーナ湖

散策を終えたと同時に猛吹雪が襲ってきたので、土産店に避難。
しばらく様子を見たが一旦ホテルに戻ることになった。
ホテルで一休みした後、昼食を予約してあるアントルノ 湖畔のレストランへ。
ここは、ハイキングの後に立ち寄る予定でした。
食事をしていると、晴れてきたので、さっそくカメラを手に外へ。


  _MG_5474.JPG
                
              アントルノ湖とトレ・チーメ

天気も回復してきたので、午前中断念したトレ・チーメのハイキングに出発。

トレ・チーメは山頂に三本の巨大な岩が直立しており
三姉妹峰と呼ばれています。


    _MG_5554.JPG
                          登山道より世界遺産ドロミテの山々

 

トレ・チーメは見る角度により、まるで違う姿を見せてくれます。


    _MG_5507.JPG

                                    登り始めのトレ・チーメ



    _MG_5541_1.JPG

                                        峠よりトレ・チーメ

峠まで来て初めて三姉妹の姿になります。

これがトレ・チーメの一番美しいアングルといわれています。


  _MG_5568.JPG

                 ヤナギランとハイカー
 
なんとか、世界遺産・ドロミテの一端を満喫することが出来ました。


気持ちよくホテルの部屋に戻ると、眼前の岩山が夕焼けしていました。

またカメラを出さなくては・・・。

  _MG_5605.JPG

               ベランダから夕焼けの岩山

   おやすみなさい
                   山梨勝弘 記
                    
























 


posted by yフォト at 20:47| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。