2010年10月28日

満月の美ヶ原高原

1022日、車の故障が直ったので、夜取材に出る。当初、乗鞍高原や新穂高方面に行く予定だったが松本盆地に入ると、低い雲が空一面覆っている。天気予報では晴れなので、これは雲海だと判断。雲海より高い地点まで上らなくてはいけない。

予定を変更して美ヶ原へ行くことにした。

日付が変わった23日の午前1時頃、美ヶ原に到着。外に出ると満月(正確には一日前)に照らされた雲上の彼方にアルプスの峰峰が青黒く横たわっている。

午前420分、月が西に傾いてきたので撮影開始。



  _MG_8314.JPG
                   雲上の北アルプス

しばらくすると雲海が離れ
松本市の灯りが雲間に見え隠れしだした。


  _MG_8347.JPG
                      雲下の灯り


545分、満月は槍ヶ岳の右肩へ接近。


  _MG_8406.JPG
                     槍ヶ岳と満月


高原の寒さはピークに。足のつま先から寒気が登ってくる。

65分、視線を北に変えると。朝焼けを背に北信五岳も

くっきりと見える。


  _MG_8428.JPG

                       北信五岳 

 

610分、槍ヶ岳が朝の光に赤く染まる。


  _MG_8461.JPG
                  朝日を浴びる槍ヶ岳


  _MG_8473.JPG
                       620分の浅間、湯の丸、菅平


2時間30分の仕事を終え、コーヒータイム。

845分、太陽が高く上り青空が冴えてきた。



  _MG_8524.JPG
                  唐松林と北アルプス

十分に撮影できたので、今夜の満月を富士山周辺で撮ることにした。
移動の途中、美ヶ原高原を下りた所の巣栗渓谷で

秋空にそびえる絶壁を撮影。


  _MG_8559.JPG

                      岩壁の紅葉

この清んだ青空も、夕方まで持たなかった。
                    残念。
                
                       山梨勝弘 記



 
               
  



  
 


  






  






  

                 



posted by yフォト at 00:16| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。