2011年11月24日

撮れたて情報「みすゞさんのふるさと」

1120日。童謡詩人「金子みすゞ」のふるさと、
山口県の仙崎に立ち寄りました。
巾着の様な地形の港町に実家の本屋さんがあります。

   _MG_8596.JPG 
                                     金子文英堂 

 

仙崎港の片隅にある金子みすゞの胸像と大漁の碑文。

   _MG_8667.JPG

                                      胸像と碑文


みすゞさんは今でもこの町にいて、

みんなから愛され慕われています。
誰が始めたのか家々の表には、
手作りでみすゞさんの詩が掲げられています。

   _MG_8587.JPG


   _MG_8694.JPG


   _MG_8698.JPG

                                  

町の西に広がる緩やかな弧を描く浜辺。

この浜辺で「すなの王国」を創ったのかな・・・。
みすゞさんもここから山の向こうに沈むお日様を
きっと、何度も見たのでしょうね。

   _MG_8764.JPG
                                    深川湾の夕景


みすゞさんのふるさと「仙崎」はこんな町です。

   _MG_8509.JPG

                                   王子山の展望 

 

          王子山  
   
   公園になるので植えられた、
   
   さくらはみんなかれたけど、
   
   きられた雑木のきりかぶにゃ、
         
   みんな芽が出た、芽がのびた。
    

   木の間に光る銀の海、
   
   わたしの町はそのなかに、
   
   竜宮みたいにうかんでる。
    

   銀のかわらと石がきと、
   
   ゆめのようにも、かすんでる。
    

   王子山から町見れば、
   
   わたしは町がすきになる。
    
   ほかしのにおいもここへは来ない、
   
   わかい芽立ちの香がするばかり。

「ほかし」は発酵させた肥料のことかな?


                 山梨勝弘

       http://www.yamanashi-photo.net



  
                                      


 



 



posted by yフォト at 07:44| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。