2017年02月18日

久しぶりの取材

久しぶりに撮影に出ました。
2月10日の夕方、白樺湖そばの「河童の湯」に浸かり霧ヶ峰で車中泊。
翌早朝、朝焼け富士山を撮影後、振り返ると真ん丸な月が西の空に浮かんでいた。
_K5A0129.JPG

12日は木曾界隈を撮影、白川氷柱群へも行ってみました。
_K5A0501.JPG

13日は日和田高原から飛騨へ。鈴蘭高原から乗鞍連山と
夕日の染まる木曽御嶽山が撮れました。
_K5A0613.JPG

_K5A0721.JPG
続きを読む


posted by yフォト at 09:29| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月08日

立山連峰

今年はなかなか撮影に出られません。
これは昨年の今日の撮影。

tateyam .jpg
 氷見海岸から立山連峰です。

tate.jpg
 夕焼けの立山連峰です。この時間まではっきり見えるのは珍しい。

posted by yフォト at 14:22| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

北軽井沢

久しぶりの投稿です。
写真は群馬県の二度上峠から見た浅間山の夕景です。
D182-0010 二度上峠から浅間山夕景・群馬県長野原町 2月.jpg

翌朝は北軽井沢の浅間大滝に行ってみました。
D182-0090 浅間大滝・群馬県長野原町 2月.jpg

D182-0124 冬の熊川・群馬県長野原町 2月.jpg
posted by yフォト at 09:26| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月29日

撮れたて情報 「日本一の串柿の里」

1124日。
和歌山県のかつらぎ町は日本一の串柿の里です。
山里の最上部の集落では
柿畑が斜面に沿って一面に広がっています。

    _MG_9094.JPG 
                                                    集落の柿畑


串柿農家が山間の上部に集中しているのは日当たりと

冷たい乾燥した空気が干し柿に適しているからでしょう。

               _MG_9071.JPG

                                    串柿


    _MG_9060.JPG     
                                                                                串柿



串柿は「三種の神器(鏡・剣・勾玉)」の一つ

「剣」を表す正月の縁起物だそうです。

本来は保存食用でしたが、今は飾り物として使うそうです。

はっきり言って、私には硬くて食べ難かった。

料理の和え物としてはいいかも・・・。

何も知らない東京人としては、てっきり食用かと思って、

柿好きの女房に沢山買ってしまいました。

しかし、甘くて柔らかい「あんぽ柿」も

同時に買って帰ったので面子が立ちました。


                                      山梨勝弘                               

                      http://www.yamanashi-photo.net



    
   



posted by yフォト at 07:07| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

撮れたて情報 「瀬戸大橋に宇宙人?」

瀬戸内海に面した岡山県の鷲羽山の麓に四国との架け橋、

瀬戸大橋があります。

その橋の下の下津井港の冬の風物詩が「干し蛸」。

潮の流れが激しいこの海で捕れる蛸は肉厚で

身が引き締まっているといいます。

 

蛸の内蔵を取り、頭にワイヤーを入れて、

胸の辺りに切れ目を入れて、竹串で足を広げます。

その姿は宇宙人の様(まだ、見たことありませんが)。

   _MG_8925.JPG
                                  宇宙人と瀬戸大橋


   _MG_8959.JPG
                                          宇宙人と太陽


撮影中に、どうやって食べるのかと訊ねたところ、

そこで今作っているということなので、購入してみました。

 

干し上がった蛸の身をスライスして

秘伝のタレ(甘口の鰻のタレ似)に付け混んだ一品は

歯ごたえがあり、味も絶品で酒の肴に最高!

写真を撮ろう撮ろうと思っていたのですが、

気が付いたら3日後に無くなっていました。

 

旅でのこんな出遭いに幸せを感じます。

 

                       山梨勝弘

           http://www.yamanashi-photo.net




 

posted by yフォト at 09:45| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月24日

撮れたて情報「みすゞさんのふるさと」

1120日。童謡詩人「金子みすゞ」のふるさと、
山口県の仙崎に立ち寄りました。
巾着の様な地形の港町に実家の本屋さんがあります。

   _MG_8596.JPG 
                                     金子文英堂 

 

仙崎港の片隅にある金子みすゞの胸像と大漁の碑文。

   _MG_8667.JPG

                                      胸像と碑文


みすゞさんは今でもこの町にいて、

みんなから愛され慕われています。
誰が始めたのか家々の表には、
手作りでみすゞさんの詩が掲げられています。

   _MG_8587.JPG


   _MG_8694.JPG


   _MG_8698.JPG

                                  

町の西に広がる緩やかな弧を描く浜辺。

この浜辺で「すなの王国」を創ったのかな・・・。
みすゞさんもここから山の向こうに沈むお日様を
きっと、何度も見たのでしょうね。

   _MG_8764.JPG
                                    深川湾の夕景


みすゞさんのふるさと「仙崎」はこんな町です。

   _MG_8509.JPG

                                   王子山の展望 

 

          王子山  
   
   公園になるので植えられた、
   
   さくらはみんなかれたけど、
   
   きられた雑木のきりかぶにゃ、
         
   みんな芽が出た、芽がのびた。
    

   木の間に光る銀の海、
   
   わたしの町はそのなかに、
   
   竜宮みたいにうかんでる。
    

   銀のかわらと石がきと、
   
   ゆめのようにも、かすんでる。
    

   王子山から町見れば、
   
   わたしは町がすきになる。
    
   ほかしのにおいもここへは来ない、
   
   わかい芽立ちの香がするばかり。

「ほかし」は発酵させた肥料のことかな?


                 山梨勝弘

       http://www.yamanashi-photo.net



  
                                      


 



 

posted by yフォト at 07:44| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月21日

撮れたて情報「菊池渓谷」

1114日。
阿蘇山の北西に位置する菊池渓谷、
その水源は阿蘇山を源にしています。
流れの淵に沿って遡ると、落差は少ないが
趣のある滝や
苔むす岩場の滑らかな流れ、
それは奥入瀬とは異なった
渓流美を見せてくれています。
往復1時間ほどの遊歩道はよく整備されています。

 最初のポイントが黎明の滝。
滝の飛沫が朝の光を受け、水の細かい粒子が煙のように
滝壺に舞い上がっていました。

  _MG_7578.JPG
                                       黎明の滝


  _MG_7595_1.JPG
                                    四十三万滝 


  _MG_7629.JPG   
                                         広河原

今年の菊池渓谷の紅葉は良くなかったようです。


  _MG_7633.JPG
                              渓谷の苔むす樹木   


この地が豊潤な水の恵みを受けている証ですね


                       山梨勝弘            
       http://www.yamanashi-photo.net

    




posted by yフォト at 08:04| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月19日

撮れたて情報「日本の夜明け」

 宮崎県の山間部に位置する高千穂町。
アマテラスオオミノカミが岩屋に立て籠もった
天岩戸事件?をはじめ数々の神話が残る町です。
町外れの国見丘は日の出と雲海の名所。
50台ほど停められる駐車場は日の出前に満杯。

 日の出1時間前の6時に三脚をセット。
霜注意報が出た朝だが、それほど寒さは感じられなかった。

日の出30分前の最初の朝焼け。

    _MG_7742.JPG
                                         634


急速に薄雲が張り出したおかげで、再び空が焼けました。

    _MG_7757.JPG
                                          634


峰より昇る朝陽。
写真を撮る人以外は合掌していました。

    _MG_7793.JPG
                                         658   


    _MG_7878.JPG   
                                          744  

この雲上のドラマは宿で朝寝坊していたら見ることが出来ません  


 国見丘に建つ天孫降臨をイメージした日向風土記逸文の像。
ニニギノミコトと大クワ・小クワだそうです。

    _MG_7852.JPG

                                         朝陽と像 

正面から見るとこうです。

   
    _MG_7867.JPG   
                                  朝陽を浴びる像

今日はまさに神々しい日の出でした。


                      山梨勝弘

                        http://www.yamanashi-photo.net

 




ラベル:高千穂 国見丘
posted by yフォト at 07:52| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月18日

撮れたて情報「御輿来海岸」 

1114日。
熊本市の南西に突き出た宇土半島の中間、有明海側に

御輿来海岸があります。
御輿来海岸の名前の由来は、景行天皇が景色に感動して
御輿を止めさせたことから付いたという。

潮の干満差が大きい有明海、その中でもこの浜の干潟模様の
美しさは一番です。特に干潮と夕日の時間が一致するときは
大勢の写真愛好家や観光客が集まります。
今日は潮の引き方が少なかったようです。

   _MG_7939.JPG
                  御輿来海岸夕景  


翌早朝、有明海に浮かぶ雲仙岳と有明の月を

見ることが出来ました。

       _MG_7711.JPG

                 朝の有明海


             山梨勝弘
               http://www.yamanashi-photo.net

  
posted by yフォト at 08:15| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月15日

撮れたて情報 「日本の里・五木村」

1112日は「五木の子守歌」の道の駅で車中泊。

五木の子守歌は幼くして両親と別れ、

子守奉公に出された子が故郷の五木を慕った歌です。

あの「おしん」に通じるところがあります。

すぐ側には立ち寄り湯があり、居心地の良い所でした。

 五木村はこんな所です。


   _MG_7573_1.JPG
                              子守唄をイメージした像 


   
_MG_7825.JPG 
                                         杉の美林


   _MG_7796.JPG
                                               苔の清流



翌日、五木小川沿いの白滝公園に寄ってみました。

白滝とは、水が流れ落ちる滝のことではなく、

白い岩壁に水の流れの様な模様がついている岩の事です。


   _MG_7738.JPG

                                                   白滝

白滝に至る遊歩道からは深緑の淵に沢山の魚影を

見ることが出来ました。

   _MG_7749.JPG
                                                緑の淵


 

五木小川の支流・飯干川にかかる落差35メートルの大滝。

深山幽谷の滝までは駐車場から700メートルで

途中、ヤマメの産卵地となる浅瀬が何箇所もありました。

豊かな自然が残っている証拠ですね。

   _MG_7785.JPG

                                       深山の名瀑・大滝

                           山梨勝弘
               
http://www.yamanashi-photo.net


 

    

posted by yフォト at 08:47| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月12日

撮れたて情報 「せんだん轟の滝」

このところ天気が悪い九州地方。
おかげで久しぶりに湯ッタリとしています。
ヨーロッパ旅行での動き過ぎで傷めた首と肩も
九州での温泉三昧で大分調子良くなりました。 
昨日も天気が悪かったので気分転換に有明海沿いの
玉名から熊本の山奥へ移動。
目的地は平家の伝説が残る五家荘のせんだん轟の滝。
途中、美里町にある国重文の霊台橋に立ち寄りました。

   _MG_7662.JPG
                            重厚な石組みの霊台橋


  

さらに進むと県道52号線の岩奥付近から

山霧に見え隠れする長閑な茶畑の山里が眼下に・・・。

   _MG_7675.JPG
                                        霧の山里


  

急カーブが続く狭い山道,やっと滝入り口の駐車場に到着。
駐車場から滝までは行きは下りで10分、帰りは15分。
初めての訪問で何も情報が無く来たが、来て良かった。
動けば動いたなりの成果があります。
現場に行って自分で確認することが一番だと

改めて認識しました。

        
             _MG_7682.JPG
 
                            せんだん轟の滝  

 

                         山梨勝弘              
        http://www.yamanashi-photo.net


   
  
posted by yフォト at 07:59| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

撮れたて情報 「柳川の名勝庭園」

福岡県の柳川市は北原白秋の故郷、そして水郷の町です。
柳が影を落とす川面を行き来する小舟。
そんな風情のある町に二つの名勝庭園があります。

 旧柳川藩主の立花邸。
五代柳川藩主貞俶の別邸として建てられた立花邸。
地元では「御花」と呼ばれています。
名勝庭園の「松濤園」は盆栽のように整った
沢山の黒松に囲まれた趣のある池です。

   _MG_7511.JPG
                                  鴨が遊ぶ松濤園


旧戸島家庭園。

この地方の典型的な武家住宅である旧戸島家は
柳川藩の中老・吉田兼儔の隠居所として建てられました。

   _MG_7554.JPG
                                 座敷から庭を望む


                       山梨勝弘

             http://www.yamanasi-photo.net


   
   
   

   
     

posted by yフォト at 10:48| 東京 ☔| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

撮れたて情報 「田原坂」

 熊本県の北西部の植木町に位置する田原坂。

征韓論に敗れた西郷隆盛は、明治10年2月14日に挙兵。

これに対し明治政府は2月19日に征討令を発し、

ここに西南戦争が勃発した。

田原坂の戦いは中でも最大の激戦となった地です。

ここでも敗れた西郷軍は鹿児島の城山に立て籠もったが

9月24日に全滅した。

ツツジの植え込みが美しい田原坂公園からは

激戦の地が一望できます。

     _MG_7598.JPG
                                                     田原坂公園



     _MG_7594.JPG
                                                    公園内の弾痕の家


           
_MG_7607.JPG
                       公園内の美少年の像


                        「田原坂」

      雨は降る降る人馬は濡れる、

           越すに越されぬ田原坂

      右手に血刀左手に手綱、
           
           馬上豊かな美少年


  
_MG_7613.JPG
                    田原坂遠望


       _MG_7641.JPG
               田原坂・竹の春 
 


               山梨勝弘
                
http://www.yamanashi-photo.net
            

posted by yフォト at 10:52| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月09日

撮れたて情報 「シチメンソウ」

118日。
佐賀県の佐賀空港に隣接する有明東与賀海岸に自生する
シチメンソウの紅葉が今見ごろです。
塩生植物のシチメンソウは有明海の干潟に群生する
アカザ科の一年草で、11月に赤く変色します。
北海道の能取湖に自生するアッケシソウ(サンゴソウ)に
似ていますが、シチメンソウの方は茎が細く背が高いです。
曇りの夕方の撮影でしたが、晴れればもっと綺麗でしょうね。


  _MG_7534_1.JPG
                                           シチメンソウ

     

  _MG_7549_1.JPG
                                   赤い絨毯と両子山


   _MG_7512.JPG
                            有明海と多良岳、経ヶ岳     


                         山梨勝弘

               http://www.yamanashi-photo.net


     




 

posted by yフォト at 07:30| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月07日

撮れたて情報 「天の磐船」

大阪府交野市に位置する磐船神社は
天孫饒速日命をお祀りする神社です。
御神体は天の磐船で、拝殿に覆いかぶさるような
巨岩からはなにやら強烈なパワーが感じられます。
神社内を流れる天野川渓谷を埋め尽くす巨岩群の
「岩窟めぐり」に興味を抱き、
9時の拝観時間を待つ間に入場の注意書きを読むと、
年齢制限10歳以上75歳未満、体力に自信の無い方、
泥酔者お断り、と云う様なことが書いてある。
また、かかとが高い履物、滑りやすい履物もしかり。
当初、その意味が良く理解できなかった。

しかし岩窟に一歩足を踏み入れた途端、
こんな所を一般者に入らせるのかと・・・。
注意書きの意味が良く理解できました。
暗い岩窟内は足元も良く見えず、
湿った岩は滑りやすく、
高低差もある。
おまけに、やっと体だけが通れるくらいの難所も。
 拝観料を払うとき、「ザックと三脚は預かります」
そして、私のカメラを見て「壊れても知りませんよ」
と言われた言葉がよみがえった。
 今までにいろいろな鍾乳洞にも入ったが、

距離は僅かだが、ここが一番スリリングだった。

入り口からいきなり岩間を降りるとこの景色。

      _MG_7004.JPG

岩はツルツルです。


  _MG_7013_1.JPG

          
何処の隙間を抜けてここにたどり着いたのか。
上の空間は通れません。


  _MG_7022.JPG
  
岩窟内唯一の灯り。


  _MG_7076.JPG
 
                 
拝殿の後ろの巨岩が御神体の「天の磐船」です。


 

           山梨勝弘     
      http://www.yamanashi-photo.net

 


 

posted by yフォト at 00:14| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。