2010年05月25日

高野山の石楠花

516白浜の取材が終わる頃、風景写真家の富田文雄氏と
電話で会話中に
高野山の石楠花の話が出た。例年だとゴールデンウイーク後半か直後が見頃だ。
しかし、今年は全体に花の開花が遅れている。
私は遅いと思ったがインターネットで調べたらどうにか間に合いそうなので、その晩に高野山入りした。
17日、天気予報通りに朝から快晴。ガッカリ・・・。

霧か雨の条件で撮影したかったのだが、花は限界だし

高野山の石楠花は初めてだったのでとにかく撮影することにした。

  _MG_0983.jpg

金剛峯寺の経蔵と石楠花の大株

晴れの日にこのアングルを撮るなら、光が均等に当たる朝がいい。


  _MG_1014.jpg

午後の青空で撮ると朱色が映える根本大塔。

あえて午前の逆光で、太陽を入れて撮影。
松の木で太陽を半分隠して
光を弱める。


陽が完全にかげる夕方を待って金剛三昧院を訪ねる。

午後5時過ぎ、思っていた通りの柔らかい光が境内全体に回っていた。この時間帯になると、観光客もめっきりと少なくなるので

落ち着いて撮影が出来る。

  _MG_1053.jpg

天然記念物である金剛三昧院の石楠花群

念願の高野山の石楠花がどうにか撮れた。

富田さんのヒントに感謝。

                    山梨勝弘 記       








ラベル:高野山 石楠花
posted by yフォト at 00:28| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月16日

二見ヶ浦の日の出

 14日(金)、静岡から東名に入り

伊勢自動車道のPAで車中泊して

15日(土)の午前4時に二見ヶ浦に到着。

1000円の高速料金制度を利用しました。

 

 今の日の出はおおよそ55分前。

430分には修学旅行の小学生や観光客で

ポイント周辺は大変な混雑振りでした。

  
_MG_0358.jpg

  日の出前のワンショット

  _MG_0397.jpg
  
雲間からの日の出。周りでは手を合わせて

  拝んでいる人もいました。


 

 三重県紀和町の丸山千枚田です。

16日に棚田のオーナーさん達が田植えをするそうです。

  _MG_0419.jpg


 
 
 天気がいいので瀞峡に寄ってみました。

青空を映した川面と若葉の色がとても綺麗でしたよ

  _MG_0555.jpg


 
 瀞峡を後にして串本まで移動したが曇ってしまいました。

駄目もとで潮岬で時間つぶし。

何とか撮れました。
  
  _MG_0634.jpg

 
 今日は白浜、田辺経由で高野山に入る予定です。
石南花が咲いていればいいのですが・・・。

                山梨勝弘 記

 


 
  
  

posted by yフォト at 07:29| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月15日

昭和記念公園のポピー

 513日、早朝のテレビ画像に都心からの富士山の映像が流れてくる。

昭和記念公園のポピーが見ごろだと情報を得ていたので、早速、家を出る。

930分の開門だが、9時前に到着したときは既に駐車場入り口には車列が・・・。

天気もさることながら花の丘のポピーもまさに満開。

湿度の少ない澄んだ空にはアクセントとなる浮雲が次々と流れてきました。。
 
 
_MG_0111_1.jpg

撮影のワンポイントアドバイス

丘の上の林と林の切れ間に雲を配置する。


 _MG_0184.jpg

撮影のワンポイントアドバイス

すぐに入園者が増えてきたので、ローアングルにして人を隠す。


 _MG_0238.jpg

撮影のワンポイントアドバイス

丘のうねりを利用して中間距離の花を隠し、遠くの花を大きくボカシテ

手前の花を引き立てる。



 _MG_0277.jpg

遠足に来た沢山の園児たちが、みんなの広場の大樹を囲んで

お昼のお弁当を広げていました。

 今日はカレンダーの特写で紀伊半島に来ています。

                    山梨勝弘 記

posted by yフォト at 08:52| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月18日

朝光を浴びる三多気の桜

 16日に三重県津市の山間、奈良との県境近くの
「三多気の桜」に行きました。
雨の中での撮影でしたので、もう1日粘ることにしました。
 翌17日、冬型の気圧配置で山に雲が懸かっていましたが
幸い、東の空が開いていたので、ほんの15分程でしたが
朝の光が射し込んでくれました。(5時42分から6時頃まで)


   _O7X6675.jpg
 朝陽を受ける三多気の桜@ 4月17 日 晴れのち曇り

   _O7X6694.jpg
          朝陽を受ける三多気の桜A 4月17 日 晴れのち曇り


 もう少し撮影したかったのですが、空を見上げると一面の雲。
早々に諦めて、15日の曇りの日に撮影をした京都の仁和寺へ直行。
土曜日とあって駐車場に入るのに30分待ちました。
京都市内は午前中雲が多かったのですが、正午過ぎから
青空が広がってきました。

   _O7X6895.jpg
         御室桜と五重塔@ 4月17日 曇りのち晴れ

   _O7X6858.jpg
            御室桜と五重塔A 4月17日 曇りのち晴れ

 京都に戻った甲斐があって、念願の御室桜がどうにか青空で撮れました。


                                   
                                         山梨勝弘 記
ラベル:三多気の桜
posted by yフォト at 06:48| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月16日

仁和寺の御室桜

 京都市内のソメイヨシノが終わってから満開を迎える仁和寺の御室桜。
京都の桜は時々撮るのだが、いつも御室桜が満開になるまで粘れず
これが始めての撮影となりました。

 この桜は背丈が2〜3メートルと低いのが特徴です。
中門をくぐると西側一帯に御室桜の園があります。
木々は隙間なく枝を張り、良く手入れされているせいか
どの木も皆、見事に花を付けていました。
これが青空だったらどんなに美しい光景だったろうか。

   _O7X6521.jpg
            御室桜と五重塔 4月15日 曇り
撮影のワンポイントアドバイス
ピントは手前の桜に合わせ、絞り込むことです。
塔の先端が桜と重ならないように。

 
 境内では楓の若葉の下でムラサキツツジも綺麗に咲いていました。

   _O7X6545.jpg
            仁和寺のムラサキツツジ 4月15日 曇り
撮影のワンポイントアドバイス
右側のツツジに対して、左に太い幹を入れることによりバランスを整える。


 東側参道の脇に緑色の花を咲かせる「御衣黄」という珍しい桜もありましたよ。 

   _O7X6565.jpg
              仁和寺の御衣黄 4月15日 曇り

                        山梨勝弘 記
ここをクリックしてくださいhttp://www.yamanashi-photo.net



  
posted by yフォト at 08:27| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月15日

女人高野と千年桜

 女人高野の別名を持つ室生寺は奈良県宇陀市にあります。
学生時代に土門拳の写真集「室生寺」に感動して
何度も繰り返して見たものでした。
先日訪れたとき、鎧坂の下に盛りは過ぎましたが
山桜が覆いかぶさる様に咲いていました。
    
   _O7X6131.jpg 
         
 鎧坂と金堂 4月12日 雨
撮影のワンポイントアドバイス
桜と金堂だけでなく、ここでは石段も重要なポイントです。


 石段を登り本堂の左脇に出ると、さらに続く石段の奥に
息を呑むほどに美しい姿の五重塔がそびえています。

   _O7X6142.jpg
                五重塔と山桜 4月12日 雨
撮影のワンポイントアドバイス
塔を表現すると空の白飛びが気になるので、空を出来るだけカットすること。


 本堂前の防火用水の金魚さんたちが花筏に見とれているのか
皆じっと動かずに、散り落ちてくる花びらを見上げていました。

   _O7X6155.jpg
                金魚と花筏 4月12日 雨

 
 芽吹いたばかりの雨に濡れた楓の上にも、山桜の花びらが・・・。
  
   _O7X6171.jpg
              楓の若葉と花びら 4月12日 雨
撮影のワンポイントアドバイス
長焦点レンズを使い、絞りを開放にして背景をぼかす。


 室生寺の撮影を終えて、すぐに同じ宇陀市の山奥にある
仏隆寺に向かう。
寺に着くと、10台ほど置ける駐車場はいっぱいで
路上にも車が溢れていた。
ここの桜は「千年桜」と呼ばれており望月桜という種類の仲間らしい。
千年といわれるだけあって、根元から何本もの幹が伸び
重量感のある桜です。

   _O7X6205.jpg
       仏隆寺の千年桜 4月12日 雨
撮影のワンポイントアドバイス
印象的で迫力のある根元だけをアップで撮影して、千年の時間を感じさせる。

 桜の右に回りこむと、遠くの山に霧が立ち込め
墨絵のような世界を醸しだしていました。 

   _O7X6230.jpg
             千年桜と霧に霞む山並み 4月12日 雨
撮影のワンポイントアドバイス
山並みに遠近感が出るような霧の状態で撮ること。
この後、霧が濃くなりすぎて、山にグラデーションがなくなってしまった。

                       山梨勝弘 記
ここをクリックしてくださいhttp://www.yamanashi-photo.net








posted by yフォト at 08:39| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月11日

吉野千本桜

 世界遺産に登録されている吉野山。
今年も見事に桜が咲きました。
朝霧の情景を撮りたいので、7日夜に上千本で車中泊。

 夜中の3時過ぎ、車のドアーを開け閉めする音がしきり。
5時に起きてみると、すでに三脚の列。
「しまった!」と思ったが時すでに遅し、ポイントはカメラがいっぱい。
でも、20メートル先に誰も居ない場所が在りました。
しかし、今朝は霧も雲海も出ませんでした。残念!

 _O7X5391.jpg
                           早朝の吉野山 4月8日撮影 晴れ
撮影のワンポイントアドバイス
広く見渡せる場所は三脚がいっぱいだったが
桜を手前に配することでかえって遠近感が出た。

 背後の山から差し始めた陽光に
金峯山寺の蔵王堂が浮かび上がってきました。

 _O7X5397.jpg
                          朝日を浴びる蔵王堂 4月8日 晴れ
撮影のワンポイントアドバイス
朝の斜光線で立体感を出す。

 早朝の撮影終え、ベトナムで買ってきた甘い香りのコーヒーを飲みながら
車窓からゆっくり桜見物。

 日が十分に回りはじめた8時過ぎ、上千本から急斜面を下りながら
いろいろな所で撮影。
 
 _O7X5510.jpg
                               吉野の山桜@ 4月8日 晴れ

 _O7X5527.jpg
                              吉野の山桜A 4月8日 晴れ
 
 日中の撮影に区切りをつけて一休みすることにした。

 午後4時半ごろから再び撮影開始。
夕方の斜光線が谷に影を造り、桜を優しく包んでいる。

 _O7X5637.jpg
                                 桜花競演 4月8日 晴れ

 陽がどんどん傾くと、吉野山全体がほのかにオレンジ色に染まり
峰峰に影が出来てメリハリが付いてきました。
下の写真は、早朝に三脚を立てられなかったポイントですが
夕方は観光客ぐらいで、ほとんどカメラマンは居ませんでした。

 _O7X5575.jpg
                           夕日に染まる吉野山 4月8日 晴れ

                           山梨勝弘 記
  ここをクリックしてくださいhttp://www.yamanashi-photo.net
 












 

 











posted by yフォト at 08:32| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月09日

日本の里百選

  徳島県吉野川市の山間に位置する「高開の石積みの里」は

「にほんの里百選」に選ばれた石積みの美しい長閑な山村です。

急斜面に石を積み上げて開墾し、何段にも連なる畑を作り上げてきた

先人の苦労が想像できます。

今の時期、南斜面の石垣には芝桜が咲き、集落のいたるところで

桜や花桃など咲き誇っていました。

_O7X5250.jpg

                    高開の石積みの里にて 4月6日 晴れ
撮影のワンポイントアドバイス

花桃や桜を手前に、シンボルの石積みを左上に配して里の特徴を出す。

遠くの山の稜線を入れて、山村の雰囲気を表現する。


 高開を取材した後、四国に別れを告げ、近畿に移動。

途中、阿波市にさしかかると、日開谷川の岸辺一面に咲く

菜の花が目に飛び込んできました。

即座に方向を変えて、近くの駐車場に車を入れる。

土手の桜並木も満開でした。

何か得したよう・・・。
 
_O7X5273.jpg

                     日開谷川畔の菜の花 4月6日 晴れ
撮影のワンポイントアドバイス

川や渓谷などは橋の上から撮影すると奥行き感が表現出来ます。


                    山梨勝弘 記
           http://www.yamanashi-photo.net







posted by yフォト at 09:12| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月07日

銭形と紫雲出山の桜

 香川県観音寺市の砂浜に巨大な寛永通宝の銭形が模られています。

この銭形を見た人は「健康で長生き出来て、お金に不自由しなくなる」

と看板に書いてありました。あやかりた〜い!
 

_O7X4944.jpg

                    銭形のライトアップ 43日 晴れ

撮影のワンポイントアドバイス

 西を向くようなライトアップ撮影は、残照が綺麗な晴れた日がお薦めです。


 翌4日、香川県詫間町荘内半島の桜の名所「紫雲出山」に向かう。

今日は日曜日とあって、登山道路の入り口で40分ほど待たされた。

山頂に着いて納得、駐車場が狭いのです。

 

ここからの眺めは最高です。

桜越しに粟島をはじめ、瀬戸内の島々を望むことが出来ます。

特に日が沈むころは、桜もいっそう赤味を帯び、

春霞の中に浮かぶ島影が一段と濃さを増してきます。

 
_O7X5035.jpg


         紫雲出山より仁尾方面を望む 
44日 晴れ

撮影のワンポイントアドバイス


ベニザクラの木はまだまだ若いのですが、花の色彩を重視しました。
 

 展望台から眼下の海に目をやると、山の中腹の山桜が

午後の柔らかい陽光に透けるように浮かび上がっていました。

_O7X5079.jpg

              昼下がりの山桜 4月4日 晴れ

撮影のワンポイントアドバイス

午後の陽を浴びる山桜を望遠レンズでフレーミング。

全容の素晴らしさだけでなく、一部分の美しい所も見つけてあげてください。


 夕日を受けて桜が一段と赤味を増し、いよいよ撮影時間帯に突入した時

夕日の道を横切る船がいました。


_O7X5095.jpg

      紫雲出山より 44日 晴れ    

 

撮影のワンポイントアドバイス 

海の輝きが綺麗だったので、とっさに三脚からカメラを外して手持ち撮影。

アングルを決めてあっても、臨機応変に行動することです。


 
 
 夕暮れの撮影後、対岸の福山市の灯りが点るまで待って撮影。


_O7X5136.jpg

                紫雲出山より 44日 晴れ
撮影のワンポイントアドバイス

 

夕暮れ時のこのアングルが一番のポイントですが

時間をずらして定番写真から脱却。

 

 翌日、ここまで来たら、「こんぴらさん」にお参りしないと・・・と思い、

カメラを担いで石段登り。ご利益があったのか、桜がちょうど満開でした。

_O7X5173.jpg

              金刀比羅宮の参道 45日 曇り

               
             山梨勝弘 記

         http://www.yamanashi-photo.net









posted by yフォト at 08:44| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月05日

山村風景と大洲城夜景

 4月1日の愛媛県は雨模様だった。

天気がいいと、何処何処を撮らなくてはと

撮影場所にこだわってしまうけれど

曇りや雨だと、ロケハンを兼ねて気ままに動ける。

内子町の武石地区の山村を走っていたら、

こんな風景がありました。

タバコ畑とソメイヨシノのコラボ。

芽吹いた若葉を霜の害から守るためです。

この時期だけの山村風景ですね。


_O7X4714.jpg

                     タバコ畑の白いとんがり帽子 4月1日 雨

撮影のワンポイントアドバイス

手前から奥までピントが欲しいので

絞りを11から16くらいに設定してパンフォーカスにする。



 そのすぐそばに、なにやら幹がツルツルの白骨樹らしき畑が・・・。

地元の方にお尋ねすると「柿の木」とのこと。

幹に害虫が付くのを防ぐため、水圧ポンプで幹の黒い皮を

剥がしてしまうそうです。

_O7X4718.jpg

                               柿の白い樹形 4月1日 雨
撮影のワンポイントアドバイス

遠くの山の中に丸い白いものが写っていますが

これはレンズに付いた雨粒です。デジタルカメラだと写ってしまいます。
 
あえて失敗作を載せました。この後すぐに拭きました。



翌日はNHKの朝ドラ「おはなはん」(ちと古いかな)のロケ地になった

大洲市に移動。桜は散り始めていましたが、ライトアップを撮影。


_O7X4766.jpg

                               大洲城夜景 4月2日 曇り 
撮影のワンポイントアドバイス

桜のライトアップは右側なので、もっと右に寄りたいが

本丸と櫓の屋根が重ならないようにする。


                          山梨勝弘 記

   ここをクリックしてくださいhttp://www.yamanashi-photo.net
ホームページにリンクます。
posted by yフォト at 07:30| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月01日

松山城の桜

 3月30日、松山は朝から青空が広がっていた。

いま、松山はNHKの特別大河ドラマ「坂の上の雲」の影響で

たくさんの観光客が訪れています。

下の写真明治の偉人・秋山兄弟の誕生地とその銅像です。


係りの方が快く写真取材に協力してくれました。

_O7X4325.jpg
       秋山兄弟誕生の地

_O7X4518.jpg

       兄・秋山好古の騎馬像


_O7X4505.jpg 
    弟・秋山眞之の像
 
 松山市の桜は3部咲きの状態でしたが、あまりにも天気がいいので
 
桜は意識せずに、とりあえず松山城に登ることにしました。

ところが、天守閣前の広場に着いてみると

白い花のオオシマザクラが見事に満開状態。

おまけに、2・3本のソメイヨシノもかなり花を付けていました。

その枝を巧くあしらうと、全体がほぼ満開状態のよう。

_O7X4401.jpg

まだ、松山市の桜は満開に程遠かったので、観桜客も少なく

写真が撮りやすかったです。                                                      
 

                        山梨勝弘 記

ここをクリックしてください http://www.yamanashi-photo.net



  








posted by yフォト at 08:22| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月31日

四国の桜

 28日に鳴門海峡を渡って徳島に入った。

剣山のふもとにひろがるつるぎ町に樹齢430年の一本桜「吉良のエドヒガン」がある。

根元から太い幹が三方に分かれて枝を広げているさまが印象的でした。

この日は天気も悪く、時間も遅くなったので、近くの「剣山ゆうま温泉」に入り

今夜の寝場所となる道の駅「貞光ゆうゆう館」に移動。

すると西の空が明るくなってきたので、目の前を流れる吉野川で

夕日が撮れるかも・・・と思い、カメラを取り出す。

 
_O7X4175.jpg

撮影のワンポイントアドバイス

川が蛇行している場所を探して、川の流れに変化をつける。


この調子なら、あしたは晴れるだろう。


 ところが、夜中から降り出した雨が明け方まで続く。

とりあえず現場に直行。

山霧が出ていたので、吉良のエドヒガンのそばに在る伴田の桜を撮って

天候待ちすることにした。



_O7X4216.jpg

撮影のワンポイントアドバイス

とにかく、どんな条件でも現場に行けば何か感じるものを探すことができる。



昼近く、雲の切れ間から時折、陽が射しはじめた。

_O7X4227.jpg

撮影のワンポイントアドバイス

三つに分かれた幹を表現し、逆光なので空をギリギリでカット。
杉林の暗い影の中に桜を収めて、存在感を出す。


 午後の青空で撮りたかったが、気圧配置が冬型のため、山に雲が懸かり

取れる気配がないので断念して、次の目的地に移動することにした。

                             
                                                            山梨勝弘 記

         ここをクリックしてください http://www.yamanashi-photo.net ホームページがご覧いただけます。
        
                    
                         

 
 



posted by yフォト at 12:46| 東京 ☀| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月25日

身延山の枝垂桜


 丹沢のミツマタを撮影してから身延山久遠寺に来ました。

今日は一日中冷たい雨でしたが

本堂前や下の宿坊辺りの枝垂桜はほぼ満開状態でしたよ。

雨のとても寒い朝でしたが、おかげで山霧が湧き

時折、幻想的な風景を見せてくれました。

雨にもかかわらず私同様、大勢の写真愛好家が

傘を差しながらシャッターを押していました。

_O7X4110.JPG

[撮影のワンポイントアドバイス]

霧の動きに注目し、形やメリハリを画面上で構成するといいでしょう。

気に入った形になるまで待つことです。

霧一色では山の深さが表現できません。

                            山梨勝弘 記
                         http://www.yamanashi-photo.net



posted by yフォト at 20:00| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月24日

丹沢のミツマタ


 23日の午後、自宅を出る。
最初の目的地は丹沢のミツマタで、狙いは雨か霧の情景。

初めての場所なので、夕方に現地のロケハンをかねて撮影。
その後、秦野市の湯花楽の風呂に入り、再び戻って
撮影現地付近の駐車場で車中泊。

夜中風雨が強く目が覚める。

よく早朝、雨もほとんど止み霧が出てきた。
早速、撮影ポイントに移動する。

ほぼ思った通りの条件になったが、撮影途中から再び雨降り状態で
傘を差しての撮影だった。

  
  _O7X3998.JPG

 [撮影のワンポイントアドバイス]

雨や霧でないと表現できない絵がある。

                                    山梨勝弘 記

  ここをクリックしてください http://www.yamanashi-photo.net 素敵な写真がご覧になれますよ。


       
 
ラベル:ミツマタ 丹沢
posted by yフォト at 19:44| 東京 🌁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月23日

九州へ。

 
 おとといの夜出発して

昨日、四国に入りました。

昼過ぎに仁淀川町のひょうたん桜に到着。

ライトアップまで撮影しました。

桜の花はまだ開ききっていないようで

あと2日もすればボリュームも出るでしょう。

 _DSC4031.jpg
        
  ひょうたん桜 夜景


撮影終了後に長野県戸隠の写真家 小川秀一さんから連絡を頂き

人吉の桜がTVでやっていて、見頃かも

と、教えていただきました。

なので今日、内子の田丸橋を撮影し、

九州へ向かうことにしました。

人吉の桜がとても楽しみです!


 マサノリ 記
ラベル: 取材
posted by yフォト at 12:30| 東京 ☁| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。